皆さんがピアノの習い始めに手にした手引きは何です

皆さんがピアノの習い始めに手にした手引きは何ですか。ネット書店を覗くと、定番のガイドとしてハノンやチェルニー、ブルグミュラー、ソナチネ等が、正統派のガイドとして並んでいるのを目にします。(私の向かう講義ではピアノ以外にも歌等の練習もあるので)「純粋にピアノだけ習ったのだとしても、こんなに多くのガイドブックをこなさなければならないのだな」ってピアノの世界の奥深さを実感してしまう。
声楽注目のピアノ練習にあたって来る方も含めて、皆さんも先述した「マス」のガイドを一から体系的に学ばれましたか。私の場合には「マス」のガイドと比べるとあまり知られていないかもしれませんが、ツィーグラーとコルトーという人間の秘訣による指の調教ニュースから始まりました。
単なる指を移す技法以上に、感性を重視することを大切にするメソッドで、こういうセンスは殊に歌にも通じるという感じています。勿論、歌とピアノには距離もすごくあると感じているのが、私の正直な反動だ。ですが感性を重視するセンスは、歌にもピアノにも同様でしょう。メカニックだけで(歌もピアノも、やはりその他の楽器も)歌唱が成り立つ訳ではない、ということですね。ですが、かりにメカニックが得手だと見れるならば、それを優先なさってください。感性注目では賄えない、どんどん客観的に判断できる歌唱の精度というキャラクターがあり、あたいは妬ましいだ。
このように語るという、工学顔を疎かにやる教育もなされます。せめて私の場合には事実です。理想的には、工学顔も感性顔もバランス良く習得することが最も望ましいです。ですが大人の素人の場合上記2つを同時に追求することが寧ろ目の敵として、両者が中途半端に向かう虞があるのです。ひいては、ピアノを奏でる愉しみさえも奪うことになり兼ねません。
従ってあたいは、感性顔に磨きをかける料率がより高く繋がる調教をしています。さほどどちらかを犠牲にするという訳ではなく、料率の頒布の行いを変えます。
それによりあたいは「両者を習得しなければならない」というストレスから解放されました。ひいては撤退を抑止する成果もあるのか、現在までピアノを辞めずに保ています。勿論私の医者が、感性を重視される医者ですからその結果も激しいでしょう。
皆さんがこういう報告を参考にされ、自身の調教に取り入れられる際には、料率の頒布を考えられることから始めると良いでしょう。女性の薄毛対策